メールから返信がきた場合

ファーストメールを送って、即返信がきた場合。これはとても嬉しいことですが、ちょっと冷静になってみましょう。本当にすぐに相手も返事をくれた可能性もあります。

でも、サクラにファーストメールを送っていたとしたが、即送ってくることが多いのです。そして、それにはやはり男性の喜ぶような内容が書かれているようです。

サクラは絶対に会いません。でも、会いたいというようなことが書かれています。それも、あったら即エッチしようというような、絶対に女性では書かないようなメールを送ってくることが多いようですから注意しましょう。

女性から、返信がなかなか来なくて焦っていたときに、このようなメールが来ると、嬉しい方が先たってしまって、冷静に考えられなくなっているときがあります。

一般の本当の女性がそういうことを言うかということを、いつも冷静に考えましょう。ファーストメールの即返信有りというのには、ちょっと注意をはらっておくことが大切だと思います。でも、本当に誠実に返信をくれる場合もあるので、

そういうときは12時間のうちには返信したほうがいいと思います。

女性も初めは数人に返信していることが多いので、そこで大きな遅れを取ってしまうことになりかねません。その後は相手のペースに合わせて送ればいいのですが、2回目のメールだけはちょっと頑張りましょう。

サイトのやり取りでの失敗の原因

直アドの聞くタイミング出会い系サイトで、やっとメールのやり取りができるようになっても、途中で嫌われてしまうのか、駄目になってしまうことがあります。

ある意味それは失敗ということになりますね。そして、その失敗にはいろいろな原因があります。その原因の一つとして、直アドを聞くタイミングということもありますね。

有料サイトを使っていると、料金もどんどん加算されます。

それに、サクラの問題もあるので、相手から適当な時期になったら、直アドを聞き、直接メールのやり取りを頼みたいところですよね。そういう場合、それを言ったときに相手が、

それっきりになってしまうということがあります。その失敗はそれを言ったタイミングが早すぎで、相手に不審感を与えたということもあります。でも、サクラがたくさんいる中で、ずっとメールで付き合っているのも問題があります。

ですから、そういうときは、ある程度の日数のやり取りをしたあとで、彼女にサクラのことを話し、「よかったら直で付き合わせてくれると嬉しいんだけど」というように頼むことです。言い方をきちんと言えば大丈夫です。

それでも、なんだかんだ言って、サイト内で付き合いを続けようとするなら、逆にそれはサクラだと思っても良いでしょう。

また、きちんと理由を話しても駄目だったらその相手を諦めることも考えましょう。ただ相手がフリーメールを持っていなかったら、フリーメールの取りかたを教えてあげるということもいいでしょう。